普段何気なく使っているあなたの愛車にいいこと教えます

パンクしてしまった!どうする?

2018/05/11
 
タイヤ交換
この記事を書いている人 - WRITER -

パンク時の対処方法

あなたは

「愛車でドライブ中に急にハンドルが重くなってビックリした!!」

「朝出かけようとしたらタイヤがペッシャンコになってて困った!!」

なんて経験をしたことありませんか?

そして。。。

そんな時、あなたならどうしますか?

タイヤがパンクしてしまった場合も、あわてず対応する方法をお教えします。

 

もくじ

  1. 走行中の場合は、あわてず、すぐに安全な場所に停車する
  2. タイヤの状態を確認する
  3. 応急的な処置をする
  4. ロードサービス等の救援を要請する
スポンサーリンク

1. あわてず、すぐに安全な場所に停車する 

まず、走行中であれば安全に車を止めることが大事です。

もしも、

あなたの車が制御不能になると、あなたやあなた自身の車に乗っている人だけでなく、周りの車や歩行者にも危害を加える恐れがあります。

特にパンクしたタイヤが前輪の場合は、急激にハンドルをとられる恐れがありますので、ハンドルに違和感を感じればしっかりと力を入れてハンドルを握ることが大事です。

そしてスピードが落ちてきたら、ゆっくりと車両を安全な駐車スペースに寄せ、停車し乗員を安全な場所に移動させます。

特に 

高速道路上では思わぬ大災害につながることがありますので、特別注意することが大事です。

2. タイヤの状態の確認をする

つづいて、パンクしたタイヤの状態を確認しましょう。

一言でパンクといってもさまざまなケースがあります。

たとえば釘などの鋭利なものが突き刺さって徐々にタイヤの空気が抜けてしまった場合と、タイヤに段差を勢いよく乗り上げたときなどの外的要因によりタイヤが裂けてしまった場合などがあります。

あなたの車のパンクはどちらのケースかを確認してください。

それにより、その後の対応が変わってきます。

3. 応急的な処置をする

タイヤの状態を確認できたら、

その状態に応じて応急処置をします。

先ほどの、釘が刺さっているような状態の場合は

スペアタイヤ交換か、パンク修理キットを使用することで応急的に走行する状態にできます。

しかし、

裂けてしまっている場合は車載の道具だけでは対応できません!

そうゆう時は残念ですが自分で対応することをあきらめて、後に述べるようなロードサービスに救援を依頼しましょう。

タイヤに釘が刺さってつぶれてしまっている場合の対応ですが、

まず、あなたの車に搭載されているのが、スペアタイヤなのかパンク修理キットなのかを確認してください。

少し前までの車には必ずスペアタイヤが搭載されていましたが、新しく発売になる車ではスペアタイヤが搭載されておらず、パンク修理キットが代わりに搭載されている車がどんどん増えています。

これは車両の重量を軽くしたい(少しでも燃費改良に寄与したい)、室内空間を少しでも有効に活用したいというメーカーの開発者の知恵だと考えられます。

A. スペアタイヤに交換する

スペアタイヤが搭載されている場合

 

スペアタイヤに交換する準備をしましょう。

安全な場所でスペアタイヤと車載工具を取り出します。

通常、リヤのトランク部かラゲッジ部に積んであります。

いざというときに積んである場所がわからないということがないように

自分の車のスペアタイヤと工具は一度確認しておきましょう。

つづいて、パンクしているタイヤをジャッキアップします。

その際に車が動き出さないように対角になるタイヤに車止めをしておきましょう。

ジャッキアップをかけるポイントは各車両で決まっています。車両の取扱説明書で確認しましょう。

B. パンク修理キットを使用する

パンク修理キットが搭載されている場合

 

キットを使用して簡易パンク修理をしましょう。

パンク修理キットとは簡単に言うと

簡易コンプレッサーとボンドのセットです。

まず、ボンドをコンプレッサーにセットし、車のシガソケットから電源を取り、それの状態でタイヤに空気を入れる要領で

タイヤ内にボンドと空気を送り込み内側からエア漏れ箇所をふさぎます。

これで一時的に走行することができるようになります。

メリットはジャッキアップすることなく作業ができ、慣れれば女性でもカンタンに修理できます。

反対に、デメリットとして、一度修理したタイヤは内側にボンドがたまるため、長期の使用ができず、

早めに交換しなくてはならなくなることです。

4.ロードサービス等の救援を要請する

タイヤが裂けてしまったり、スペアタイヤやパンク修理キットを使用したくない場合は

ロードサービスを利用しましょう。

ロードサービスにも色々ありますが、

おすすめは 任意保険に付帯しているロードサービスです。

車を所有している人はおそらく任意保険には加入していることと思います。

ほぼ全ての損害保険会社ではロードサービスがおまけ的に付帯してあり、使用に関しても

等級ダウンにならないものが多いです。

また、電話一本で駆けつけてくれますので、気軽に使用できるサービスとなっています。

まとめ

走行中にパンクしてしまうことはまれですが、

車の乗り降りの際にパンクに気が付くということは多いかと思います。

パンクを発見した際は冷静に、自分で対処できるのか、はたまた助けを呼ぶのか判断してください。

自信が無い場合は早めに救援を依頼したほうが、周りの交通などにも迷惑を掛けず安心です。

また、自分でやる場合もいざという時に慌てないように日頃から確認をしておくことをおススメします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 素敵カーライフ研究所 , 2018 All Rights Reserved.