普段何気なく使っているあなたの愛車にいいこと教えます

あなたのヘッドライトは暗くないですか?

2018/05/22
 
ヘッドライト
この記事を書いている人 - WRITER -

夜の運転中にヘッドライトが暗いなぁって感じたことありませんか?

逆に

”今すれ違った車のライト、スッゴク明るかったなぁ。。”
ってことありませんか?

夜間の走行に、

欠かせない大事な装備がヘッドライトです。

そのヘッドライトにはいくつかの種類があるんです。

どんな種類があるのか、説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヘッドライトの種類は?

現在主流になっているヘッドライトは主に3種類あります。

ハロゲンヘッドランプ

もっとも一般的なヘッドランプです。

ハロゲンガスなどを封入した電球に通電させることで発光します。

ライトの色味は暖色系でやや黄色っぽいのが特徴です。

また、ハロゲンランプは発熱しますので、雪が積もっても溶かすことができます。

ハロゲン球にはハイパワーバルブと呼ばれる、通常バルブよりも光の効率を良くしたものがあり、電力値を上げずにバルブ交換のみでお手軽に明るくできるものもあります。

今の車のヘッドライトがハロゲンであれば、交換の検討をしてみてはいかがでしょか?

(購入には適合を確認してください)

 

 

キセノンヘッドランプ(HID,ディスチャージヘッドランプ)

キセノンヘッドランプはキセノンガスを封入した電球に高圧電流を流して放電させることによって、発光させる光源です。

海外では「High Intensity Discharge」と呼ばれ、訳すと、高輝度放電ランプと言います。

ですので、メーカーによってHIDヘッドランプ、ディスチャージヘッドライプとも呼ばれています。

色味は青白い光で、ハロゲンランプよりも明るく、長寿命なのが特徴です。

しかし、キセノンバルブ自体はハロゲンバルブに比べ高額で、また、バラストと呼ばれる部品も必要となり総合的に高額になります。

アフター部品メーカーの商品ではキセノンヘッドランプのシステムに交換するものも用意されています。以前は大変高価な商品でしたが、今はお求め安い価格で、尚且つ取り付けも容易になりました。

(購入には適合を確認してください)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HIDキットの購入ならこちら>>【送料無料・1ヶ月保証】
価格:3250円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)

 

LEDヘッドランプ

LEDヘッドランプはもっとも新しい光源で、名前の通り発光ダイオード(LED)を光源に使ったライトです。

大変長寿命で基本的にはハロゲンランプのような球切れがありません。

色味は白っぽく、発熱もほとんどなく、省電力です。

 

また、システム的にもコンパクトにまとまり、ハロゲンランプから交換することもできます。

手っ取り早く最新のヘッドライトシステムが手に入りますので、白色のおしゃれなライトを求めている人は是非お試しください。

(購入には適合を確認してください)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HELIOS 最新型LEDヘッドライト購入はこちら>> 6000K H11タイプ
価格:14000円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)

 

 

 

まとめ

明るさの面では

ハロゲンヘッドランプ < LEDヘッドランプ < キセノンヘッドランプ

の順で明るくなります。

 

しかし、雨や雪の時には

キセノンヘッドランプやLEDヘッドランプは乱反射して見づらくなりますので、逆にハロゲンヘッドランプの方が運転しやすくなります。

また、色味については好みもありますので、自分に合ったライトを選ぶようにしましょう。

ハロゲンランプはパーツの交換でキセノンヘッドランプやLEDヘッドランプに変えることもできます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 素敵カーライフ研究所 , 2018 All Rights Reserved.