普段何気なく使っているあなたの愛車にいいこと教えます

誰も教えてくれない事故のリスクを避け方【愛車を安全にしたうえ20万円の損失を回避する方法】

2020/08/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

事故にあいたい人はどこにもいません。
どんなに安全運転に気を付けていても事故に巻き込まれることはあります。
しかし、あることをするだけでその確率を減らせる方法があるのですが、知りたくないですか?

スポンサーリンク

それは「洗車をすること」です!

ここで質問ですが、
あなたは自分の車をいつ洗ったか覚えてらっしゃいますか?

先週のお休みですか?
それとも去年の年末でしょうか?

ある人に聞いてみると
「前回の車検からずっと洗っていません」
といいます。

ぼくたちからしたら「えっ」って思いますが、このような人はまわりに案外多いのです。

あんまり知られていませんが汚れたクルマって事故にあう確率が高いんです。
そしてそんな人は知らない間に20万円以上の損失をしていることもあるんです。

洗車をしていないことによるデメリット

 

車の点検・整備というと、タイヤやエンジンルームを思い浮かべますが、車をきれいに保つことも安全走行に必要な点検・整備に入ります。
公益財団法人交通事故総合分析センターによると、車の調整が悪かったために起きた事故のうち、車の清掃や車内の調整が悪かったことが、ドライバーの視界や操作に影響を及ぼして起きた事故が全体の65%を占めています(図)。その内訳をみると「ワイパーを作動させなかった、フロントガラスを拭かなかった等のため相手の発見が遅れた」が35%と最も多く、「車内の荷物が視界、操作に影響」が続きます。日頃から車を清掃し、車内の整理整頓を行い、車のライトの調整や灯火、ワイパーの作動や積荷の調整を適切に行っていれば起こることが防げた事故です。

参照 https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/guide/drive/201406.html

 

洗車をしていないことで起こるデメリットは
・見た目が汚く、まわりにボロい車に乗っているように見られる
・鳥のフンで塗装が浸食されているのに気が付かないから知らない間に塗装を劣化させてしてしまっている
・知らない間にできていたキズに気づかないのでそこからサビが広がる
・汚れに紛れて飛び散っていたオイルの汚れに気が付かずエンジンをダメにしてしまう
・フロントガラスが汚れていて周りがよく見えず、標識を見逃してしまう
・室内が散らかっていてゴロゴロ動く空きカンに気を取られ事故をしてしまう
・足元のゴミが落ちているとペダルの下に入りこみ、ブレーキが踏めず追突してしまう
・タイヤがパンクしているのに気が付かない

といった危険な状態になっていたりします。
その結果的、あなたの
車の寿命を短くしてしまっているんです!

反対にクルマをきれいにしていると
見た目がきれいになるだけでなく、気持ちもさわやかになり
落ち着いた気持ちで快適なドライブができます。

そして、塗装がきれいな自動車は古臭く見えないので長い年数乗ることができます。

また先ほど見てもらったように事故が少なくなるため、無駄な修理費用がかかりません。

事故をして修理が多いクルマは中古車価値が低くなりますので、乗り換えの時の下取り価格も低くなります。

修理代がかかる上、下取り価格が低くなるという二重の価値低下が起こりますので、その車を使用している10年間ほったらかしにするとするならば
その損失額をお金に換算すると20万円以上の損になることも十分あります。

今ならまだ間に合います。すぐに洗車をしましょう!

といっても、
「今すぐなんて、時間も道具もないんで無理だよ...」

という人は、
チャンプオートの「プレミアム洗車」をお試しください。
その危険をたった一時間5,500円~で回避できます!
プロの整備士があなたの車にピッタリの方法で
ていねいに手洗い洗車をし、あなたの愛車を安全でピカピカの状態に仕上げます。

興味がわいたという方は下のLINE登録から問い合わせができます。
お気軽にどうぞ。
https://autosns.jp/addfriend/rXlsfEwMd7/@klu0896h/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 素敵カーライフ研究所 , 2020 All Rights Reserved.